--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 |
2006.02.09

レス兼Athlon64OC講座

すごい時間に寝て起きたのでがっつりレス。激長。

>やくたた
ふっふっふ。
今後を考えるとX-Fiしかないだろうねえ。
クリエイティブしかない状態はしばらく変わりそうにないなあ。

>カティス
んまあ趣味のものだしねw
FXを除くAthlon64/OpteronはOCに関していろいろ知ってないとちゃんとOCできんからのう。

>しむら
くそ長い文章になっちゃったので「まとめると」の行と「んで」の段落だけ読んでもらえばおk。
カティスへのレスで書いたけど、FXはCPU動作倍率を自由に変更できるんでこんな面倒なことしなくていい。
Athlon64はHTT(FSB)/CPU/Memoryクロックが全部連動して動くからわかりづらく見えるんよ。

追記 HTTはFSB(フロントサイドバス)に読み替えてもおk。あと全面的に文章改訂。

HTT(FSB)
まずチップセット-CPU間のクロック(よくHTTと言われる)が根本になるんだ。
HTTはハイパートランスポートテクノロジーの略。
OCしない定格だとソケット939CPUを使用するチップセットの場合、
チップセット-CPU間の速度はベースクロック200MHz*5倍速=1000MHzで、このベースクロック200MHzが全ての基準になる。
以下、これを基準クロックと呼ぶ。
OCはオーバークロックの略。
うちの場合だと275MHz*4倍速で1100MHzにしてて、275MHzが基準クロック。
全ての基準てのはCPU Memory ATAバス S-ATAバス PCIバス PCI-Eバス全てね。
ATAとS-ATAとPCIとPCI-Eはマザーによっては独立してクロック固定されてるものがある。
一緒にオーバークロックされるとそっちが先にネックになっちゃうんで。
うちのマザーはこれらは全て独立固定されてる。
ちなみにATAは8-33MHz、S-ATAは1.5-3GHz、PCIは33MHz、PCI-Eは2.5GHz。
まとめると
HTTベースクロック(=基準クロック 基本は200MHz)*(ソケット939だと基本は5倍)=HTTクロック(この場合は1000MHzになる)

CPU
CPUは基準クロックに10倍とかの倍数をかけたクロックになる。
Opteron146は定格では基準クロック200MHzの10倍速、2000MHz動作のCPUなんだわ。
今回は基準クロック275MHzにしたんで2750MHzになってる。
クールオンクワイエット(CnQ)はこの倍数を可変させることで動作速度を変更してる。
最大10倍速のやつなら4-10倍の間で動く。
電圧もそれに伴って可変するけどここでは割愛。
まとめると
基準クロック*(CPU内部で規定された倍数 可変)=CPUクロック

Memory
Memoryは定格の場合、DDR400(PC3200 DDR-SDRAM)ならクロック200MHz。
これはSDR-SDRAM(PC100とかPC133とか言われてた時代のRAM)に対して
同クロックで2倍のデータ転送が出来るので倍の400って数字になってるだけ。
なので400MHzで動いてるわけじゃない。
DDR400の場合、基準クロック=Memoryクロックと考えていい(これが1:1になる)。
DDR333の場合は基準クロック:Memoryクロック 6:5の非同期になっている。
DDRはダブルデータレート、SDRはシングルデータレート、
SDRAMはシンクロナスDRAM(ダイナミックランダムアクセスメモリー)の略。
PC3200やPC100はDDRやSDRやDDR2を一緒くたにして速さを比較した感じな呼びかた。あんま使いたくない。
まとめると
DDR400は200MHz、DDR333は166MHzで動いてる。これ重要。
OCしない定格時でDDR400の場合、基準クロック=Memoryクロック(これが1:1や同期と呼ばれる状態 BIOSの比率設定により変更化)
同状態でDDR333の場合、基準クロック:Memoryクロック 6:5で最初から非同期。
OCやる場合はDDRなんちゃらは考える必要なし。どれだけの速度で動くかだけを考える。

んで
OCしない定格の場合かつDDR400メモリの場合だと基準クロックが200MHzで、基準クロック:Memoryクロック 1:1なので
HTT 200MHz*(ソケット939チップセットの定格は5倍)=1000MHz
CPU 200MHz*(CPUに規定された倍数 Opteron146なら4-10倍)=800-2000MHz
Memory (基準クロックが200MHzなので)基準:Memory 1:1=200MHz
で動く。
OCした今回の場合だとHTTが275MHzで基準クロック:Memoryクロック 10:9なので
HTT 275MHz*(BIOSで設定した倍数 今回は4倍)=1100MHz
CPU 275MHz*(BIOSで設定した倍数 Opteron146なら4-10倍内 FXは無制限 今回は上限値10倍)=2750MHz
Memory (基準クロックが275MHzなので)基準:Memory 10:9=250MHz
(計算すると247あたりのはずだけどなぜか250になったw)
で動く。

要するに
HTTベースクロック=基準クロック=CPUベースクロック
HTTクロック=基準クロック*HTT用の倍率
CPUクロック=基準クロック*CPU用の倍率
Memoryクロック=基準クロックを元に比率計算して作る。
こゆこと。
スポンサーサイト
2006-02-09 | PC | コメント(5) |
2006.02.07

ネタがないので

MainPC
現在のPC環境を公開してみたりとか。
マザーはDFI Lanparty UT SLI-DR Expert
メモリはTeam Xtreem DDR500 Infineon
メモリはもっと詰められるかもしれない。

HTTは275MHz*4の1100MHz
CPU:Memoryレシオ 10:9
HTTはDMAアクセスやVGAとのやりとりを含む
全てのデータの通り道なので特にゲームやる人は
HTT速度を下げないほうがいい。

VGAは適当に用意したX700Proでやる気が感じられません。
ただ、あほみたいにOCできておもしろい。
重いゲームやりたくなったら新しいのにしよう。

まああれ。厨まるだし激オーバークロックマシンの完成。
夏越せるかどうか見物です。
2006-02-07 | PC | コメント(3) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。